実印をネットショップで注文しました。届くまで不安だ

実印をネットショップで注文しました。届くまで不安だったのですが、届いたものは予想以上に素晴らしかったです。印鑑ケースもセットになっていて百円程度で買えないような品質が良いものでした。

 

値段が高くないとよくないとか百貨店で買わないと不安を感じる人もわりといるかも知れませんが、世界に一つしか存在しなければネット通販で買っても良いと思うので問題なく普通に購入しました。

 

結婚して、銀行やパスポートの名義変更に行こうと思った時に印鑑を新たに作ることにしました。
どんな印鑑でも使えるのだから、変えずに使い続けたらいいのになんて言っていた友達もいたけど、私の気持ちからすると旧姓の印鑑を使い続けるのは道理に反するような気持になりました。日本で良く耳にする代表的な苗字に変わったんで、たくさん置いている既成品は大丈夫かなと考えました。思案した結果、ショッピングセンターでも作れる柄のかわいい印材で作ってもらいました。誰でも簡単に注文できるけど、自分の印鑑という感じで良かったです。
友人から出産したという話を聞き、赤ちゃんの名前でハンコを作ることにしました。

 

個性のある印鑑がないかな?と思いを巡らせて調べると、カラフルな柄の印鑑が思ったよりもたくさんありました。

たぶん男性は好まないかもしれませんが、女性なら目に止めるようなカラフルな柄の印鑑が一般的に売られていたんですね。変わった印影に注文できたり、満足のいくオリジナル印鑑が作れる気がします。印鑑に使う素材は水牛の角や、近年はチタンも、欠けにくく強度があるものが多いです。

 

店によって、実印と銀行印を同じ材料で印のサイズと彫る文字を実印には氏名を、銀行印には氏を入れ、二つセットで販売されているものもあります。実印は意味のある印鑑である事を心に刻み、簡単にはんを押さないように、重みを感じるようそれなりの値段の印鑑を誂え、意識して大切に扱うようにすべきです。

 

実印を購入するときは、商店街のはんこ屋でも買えますし、最近ではネット経由でも手軽に購入できる時代です。
いつもの生活の中で使う機会は数回あるかないかですが、何かを証明したり大事な局面では必ずというぐらい押印をするのが実印です。安く手に入る三文判を登録し、実印として使うことも可能です。

 

実印を必要とするのは大事な事柄の時で、法的な効力を持つ印鑑ですので、そこはそれなりの印鑑を用意しておきたいものです。材質の中では象牙やチタン、黒水牛が一般的に多く選ばれているようです。昨年子供が生まれました。

 

そこで、一生使えるような実印を贈ってあげようと思案しています。ずっと使って欲しいので、かけたりしない丈夫なもので見た目も良いもの。
ですが、印鑑って高いですよね。
でも何十年も使って欲しいので、少しでも品質の良いものを贈ってあげたい。
そしてその実印を使って、初めての銀行の通帳を作ってあげてできる範囲で貯金して、成長し、独り立ちするときに手渡してあげたいのです。

そうなると、やはり象牙かな実印の場合、苗字と名前が入るので大きいですね。

象牙は大きいほど高いので、高価な印鑑になります。

自分の実印を必要だと検討してる人は新生活が近づいてくる時期に増加する傾向があります。

 

実印の値段というと、実に安価なものから高価なものまで色々です。
下の方は1000円以下から買えるし、高いものを見れば10万円以上というもの取り扱っています。

 

重要な時に使うものなので想定内の価格はわかって購入している人が多数です。普段の生活で印鑑を新しく作るという機会もないものですが、結婚や出産、相続などで新たに必要となる方も多いと思います。はんこ屋さんに直接行くとちょっと入店しづらく値段もすぐにわからないので、ネットで人気があるところに注文しました。

 

少し急ぎだったので2~3日で出来上がったので助かりましたが、定番の苗字で印鑑を作ろうか、印材は何にしようかなど注文内容を決めるのに時間がかかり前もって必要になることを前提に、考えておけば焦らなかったと思いました。

 

だいたいでも自分の中で考えておくと慌てずしっかりと考えて決めれるので良いと思います。私の旧姓はごくありふれた姓で、出先で印鑑を忘れてしまった時などでも大抵の店に置いている姓なので、どうしようかと困ることはありませんでした。結婚後の姓は変わっていて、どこでも売っているわけではない。
夫の親族を外して同じ名字だという人にあったことがないくらい珍しい名字で、お店で注文して作ったときにも受け取りに行ったら違っていたこともあると夫が笑って教えてくれました。

そんなエピソードのある姓なので、結婚した時に夫の母がちょっと立派な印鑑セットを手渡してくれました。大切に使わせていただいています。

 

印鑑屋に行って銀行印がどれだか分からなくなり、使いたいときには考えられる印鑑をまとめて窓口に持参するという、ぐだぐだな感じの方法を行っていましたが、大事な書類に押印する必要ができたため、この際なのでフルネームでずっと使える印鑑を作ってもらうように決めました。

夫婦印鑑セットおすすめ情報【結婚後の実印は別々派?同じ派?】